スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神はサイコロをふらない

『神はサイコロをふらない』  

現在放送中のドラマのタイトルで初めて知った言葉です。
ドラマ自体も楽しく見てるんですが、何よりこの言葉が妙に気に入りました。

これを言ったのは実は!!アインシュタインなんだそうです。
”アインシュタインがボーアの量子力学を批判した際の有名な言葉である。
これは、宇宙にはでたらめな偶然によって起こる現象というものはひとつも存在せず、
すべての現象は何らかの規則性を持って起きているというほどの意味である”


正直、小難しいことはさっぱりわからないし、特に熱心な宗教家でもありませんが
なんとなく・・・この言葉が気に入りました。

ただサイコロの目がでるのも偶然じゃなくて必然的なところが大きいと思うんですけどね^^;

言葉とは逆のものですが・・・
アインシュタインが想像したのはチェス?とかでサイコロを振るような姿だったんでしょうが
私の場合、大天使系の神様があぐらかいてチンチロリンをやっている姿を想像してしまいます(笑)
ある意味、凡人のなせる技でしょうか??(意味不明)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。